<LEDの影響>
LEDイルミネーション(東京ミッドタウン:六本木)
●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●  

<芝生広場のメインイルミネーション>
音楽と共にLEDのイルミネーションの演出が始まります。
(LEDの光が走り回るような感じがしました)


<上の場所を少し離れて見たところ>
たくさんの人が間近で目の前のLEDの光を見ています。
この場所だけで18万個のLEDが使われています。(ミッドタウン全体では約52万個)




ミッドナイトタウン外周のイルミネーション@



ミッドナイトタウン外周のイルミネーションA



スターライトロード : 地面からもLED照明が上向きに照らしています。
  


左がわの木にはグラスをイメージしたというイルミネーションがつけられています。
手前の木はこぶが目立ちます。




イルミネーションのつけられた木(桜、クスノキ他)は、たくさんのこぶができていました。
  

コブのある木1 

 

 



イルミネーションがついていない木にもたくさんのコブがありました。
 

 

 

 



季節外れのツツジが咲いていました。



アガパンサス : 本来の花の時期は初夏です。
  



写真の斜めの黄色い線のような光は歩道橋のガラス板に映った
LEDライトです。階段の手すりの下についている物が反射していました。




地面に埋め込まれたLED照明(一定間隔で点いていました)

 

車や自転車のLEDライト、店舗のLED照明など、様々なLEDの影響によって、弱ってしまった木々。たくさんのコブのある木の姿からその辛さが伝わって来ます。さらにこの時期のLEDイルミネーションやライトアップで、ますます生命力を奪われています。時期外れの花も咲き、草花も混乱しています。


●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●  

2016年12月15日 撮影

LEDの影響(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)